二つの手続き

株式会社設立のための二つの手続き

株式会社設立をするために行わなければならない手続きは二つあります。
その一つが定款の認証で、もう一つが登記申請です。
この二つが完了すれば、その時点で株式会社設立はできたと考えて良いでしょう。

定款の認証とは、作成した定款に問題がないかどうかを公証人にチェックしてもらうことだと考えればわかりやすいです。
株式会社の定款は厳密にルールが定められていて、違法な内容で登記申請することはできません。
会社法には様々なことが規定されていますから、その規定に沿っているかどうかを確認しなければならないのですが、そのためには法律の知識が必要となります。

法律の専門家としての公証人がチェックすることが求められるため、認証の手続きが必要となります。
合同会社など、他の会社組織の場合には必要ありませんが、それは株式会社が複雑な組織からなっているからだと言えるでしょう。
株式会社には株主がいますし、それとは別に取締役がいるのが普通です。
株主と取締役とで利害が一致していれば良いですが、そうではない場合もあります。

そのため、ルールを厳格に決めておくことが必要とされ、それが合法的かどうかをチェックする必要性があります。
認証の手続きはこのために作られた制度であると考えられます。
定款は会社の本尊とも言うべき存在で、会社の中では最も重要な書類だと言えるでしょう。
これが認証を受けた時点で会社は誕生したようなものなのですが、事務的な意味で国に届けることが必要とされます。
それが登記申請だと考えればわかりやすいです。
株式会社設立の登記申請は法務局で行います。
株式会社設立の登記に必要な書類を提出し、それが受理されればそこで完了です。
提出した日が会社の設立日となりますから、縁起を担ぎたい人なら日を選んで登記申請しましょう。

株式会社設立を行うためには、最低限この二つは必要だと言えるでしょう。
そして、この二つができれば会社は誕生するわけです。
実際にこの手続きを自分で行う人も多くいますし、難しいと感じる人はそれほど多くはいないようです。
ですから、もしも自分でできるのならすべて自分で行って、経験を積んでおくのも良い方法です。
手間や時間をロスしたくないという人なら、行政書士などの専門家に依頼するのも良い方法です。
また、コストを抑えたいという人にとっても、行政書士に依頼するほうが良いケースもありますから、専門家はうまく活用していくことが肝要です。”