登記の関係について

株式会社設立と登記の関係について


株式会社設立という言葉を聞くと新しい会社を作ることをイメージする人が少なくはありません。実際には会社の種類にも様々な物がありますので株式会社だけが会社ではありませんが、この様な分野に詳しくない人にとっては株式会社設立こそ会社を作るということを意味する言葉として受け止めることでしょう。
実際に設立される法人の中で群を抜いて多いのが株式会社という法人の形であり、株式会社設立という方法を選択して事業を起こす人が最も多いというのが現実です。株式会社は他の法人の形に比較して会社を大きく発展させていくために必要な仕組みを備えているという点が大きなポイントであり、将来的に事業拡大していく際に有利な条件を得ることができるようになります。そのため非営利事業を行うことを志したり、個人でできる範囲内での事業に限定しないのであれば株式会社設立に拘ることは重要であると言えます。

その様な株式会社設立の手順としては、設立に必要な書類を作成するところから始まります。必要書類を作成するのが最も重要な作業であり、それを会社を設立する地域を管轄する法務局に届け出をすることで会社の設立が認められます。この手続きの目的は新しく作る会社の情報を登記簿に載せるということを意味する手続きであり、このことを法人登記と言います。この様な作業を行うことで初めて会社を設立したと言えるようになります。

この様な手続きにより法人登記を行うことで会社設立による大きなメリットの多くを得ることが出来ます。例えば給与を経費にすることが認められたり、万が一の事故の際には有限責任で対応することもできるようになります。いくら会社を名乗っていたとしても法人登記がなされていない状態であれば全て個人事業主としての扱いになりますので注意が必要です。個人事業主の場合は会社と違い、様々な優遇措置が認められないというデメリットがあります。

この様な株式会社設立のためには非常に面倒な手続きをする必要があるのですが、嬉しいことに専門の業者に外注することが出来る仕組みが整っています。そのため新規で株式会社設立を行う場合には、必要最低限の自分で行わなければないにことを除いてその手続きの多くを専門業者に委託することが出来ます。様々なサービスがありますが、行政書士など書類作成のスペシャリストに依頼するのは賢い判断であると言えます。経験豊富な業者であれば将来に備えてどう書類作成をすれば良いかを相談することも出来るでしょう。”